民新タイム(2018年7月9日)

(1,2面) 対立から対話へ

6月12日、北朝鮮と米国による歴史上初めての首脳会談が行われ、朝鮮半島の非核化や平和体制の構築に向けて合意が交わされました。
米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長は共同声明で、▽新たな米朝関係の確立▽朝鮮半島における永続的で安定した平和体制構築への努力▽4月の南北首脳会談で合意した「板門店宣言」の再確認による完全な非核化への決意▽戦争捕虜・行方不明者の遺骨返還約束 の4項目について合意しました。
朝鮮戦争以来70年近く軍事的に敵対していた米国と北朝鮮のトップが会談し、対等な立場に立って交渉を始めたことは大きな成果です。

対話による解決にイニシアチブを発揮したのは、韓国の文在寅大統領でした。大統領就任時から対話による平和的解決を求め続けてきました。一時は中止の追い込まれた会談の実現に向けても、すぐに金国務委員長と会談し、米国よ北朝鮮が「直接的な意思疎通を通じて誤解を払拭」することが必要と強調し、米朝会談の実現に尽力しました

文大統領のとりくみの背景には韓国の人々の世論があります。「キャンドル革命」で腐敗した政治を一掃するなかで誕生した政権です。平和を希求する民衆の思いが力強い後押しになりました


北朝鮮の非核化は、北東アジア、さらには世界の平和と安定に関わる問題です。「戦争する国づくり」の口実にしてきた北朝鮮の脅威が対話と外交を通じて解消されれば、辺野古新基地建設や9条改憲の口実は失われます。在日米軍の存在、日米安保条約の存在も根本から問われてきます。

国際社会の協調したとりくみが重要になる中、日本政府は米国いいなりの外交を改め、対話を促進する役割を積極的に果たすべきです。同時にそうした政治に舵を切らせるには私たちの運動が必要です。
「9条を守りたい」「核兵器のない世界にしたい」--こうした青年の願いは国内外で響き合っています


(6,7面) 勉強は何のためにするの?

街頭で高校生にインタビュー。勉強する思いや意欲を聞きました。

Q何のために勉強していますか?

・社会や人の役に立つため  11人
・会社での出世やお金持ちになるため  10人
・政治や社会について自分で考えられるようになるため  9人

Q勉強で楽しいと思うのはどんなときですか?

・物事を理解したり知らないことを知れたとき  20人
・スポーツや計算など新しいことができたとき  6人
・分からない問題を誰かと橋梁して解決したとき  4人

高校生の声
・政治家がうそを言ったり、虚偽の情報に基づくフェイクニュースが増えているから、自分の考えを持つことが大事。
・将来、自分の学んだこと、得意なことを社会で生かしたい。スポーツに関わる仕事でスポーツの楽しさを伝えたい。
・政治経済の授業で、国同士の対立の背景やどう解決するかを学ぶと世界の出来事が広く捉えられる。
・友達と互いに教え合うことで、自分の理解も深まるから1人で勉強するよりも楽しい。


社会への願い、なりたい自分について聞きました。

政府が良くない法律をつくろうとしている時、抗議の声をあげられるようになりたい。

18歳で選挙権を得たので選挙に行こうと思う。消費税を上げてほしくないしブラックバイトをなくしたい。

世界では給付型奨学金が当たり前なこと、日本は教育予算が少ないことを初めて知った。進学を諦めなくていい社会になって欲しい。

政治家の女性を差別する発言が許せない。尊厳を踏みにじる人に対して自分の意見を言えるようになりたい。


選挙権が18歳に引き下げられたり、社会を変える行動に若者も力を発揮したり、日々変わっていく社会の中で、自分に出来ることを考えたり自分なりの意見を持ちたいという前向きな思いを大切にしてほしいし、民青としてもその思いに応える活動を共にとりくみたいです。

コメント

Secret

プロフィール

 

Author: 
民青同盟山口県委員会

〒754-0002
山口県山口市小郡下郷373-1
Mail:ine-no-senritsu@live.jp
Twitter@ymgc_minsei1341

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR