山口県で暮らしたい?(シールアンケート)

山口県では18日から県知事選挙(2月4日投票)が始まったこともあり、今月2回目のシールアンケートでは山口県に関することを聞いてみました。

中高生を中心に13人が回答。結果は↓の通り。2問目の回答項目は市民と野党の共同候補“ゆずくま”ことくまのゆずるさんの掲げている政策です。
20180123_a.jpg
Q1.将来山口県で暮らしたいと思いますか?
 ・思う 9票
 ・どちらともいえない 1票
 ・思わない 3票

Q2.山口県政に実現してほしいことは?(複数回答)
 ・子どもの医療費高校卒業まで助成 8票
 ・教職員増やして小中高校で30人学級 4票
 ・岩国米軍基地艦載機撤退 4票
 ・上関原発建設中止 2票
 ・その他 1票(病院の手続き等で「家族」限定というルールを緩めてほしい)
 ・大型公共事業ではなく中小業者の仕事を増やす 0票

1問目は『将来、山口県で暮らしたいと思うか?』をグラデーションで聞いてみよう!ということで、思いの度合いによってシールを貼る位置を決めてもらいました。進学や就職で県外に行く人が多いイメージだったので『思わない』が多いと宣伝前は予想していました。実際に「都会に憧れる」「県外の大学に進学する予定」という人もいましたが、おおむね7割りの人が『思う』と答えたのは意外でした。「レノファ(=山口のサッカーチーム)が好きだから!」「住んでいても知らないことがたくさんあるので、県内のいろんなところに行ってみたい」「家業を継ぐつもりだから」など理由は様々でしたが、「暮らしたい」と思っている人がきちんと暮らしていける、暮らしやすい県にしていかないといけませんね。

2問目の『山口県政に実現してほしいこと』は、『子どもの医療費高校卒業まで助成』が最多8票、次点が『教職員を増やして小中高校で30人学級』『岩国米軍基地艦載機撤退』の4票でした。

最初にシールアンケートに答えてくれた高校2年生は、2問目は「うーん」と悩んでいて、「特にあてはまる項目がないのかな?」と思って聞いてみると、「『医療費助成』と『教職員増』で迷ってる」とのことで、両方にシールを貼ってもらいました(複数回答可であることを明記しとけばよかったと反省)

成人式宣伝のときは票が入らなかった原発問題にも今回は2票。内1人は中学1年生で「上関原発の建設予定地を見に行ったり、祝島の反対デモにも参加したとこがある。絶対作らないでほしい」と話していました。『岩国基地艦載機撤退』にもシールを貼っていて、「岩国基地が北朝鮮に狙われる」と言った友達と「アメリカが挑発しなければそもそも攻撃しない!」と議論し始めて、宣伝しているこっちがビックリでした。

シールボードにあるクマのイラストを見て、「くまのさんですか?」「日曜日にあった集会で候補者の話聞きましたよ」と声をかけられる場面もあり、ちょっとうれしかったです。

選挙期間中にあと1回はシールアンケートをする予定なので、しっかり地元の青年の要求を聞きたいです。

20180123_b.jpg

コメント

Secret

プロフィール

 

Author: 
民青同盟山口県委員会

〒754-0002
山口県山口市小郡下郷373-1
Mail:ine-no-senritsu@live.jp
Twitter@ymgc_minsei1341

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR