総選挙シールアンケート②

総選挙・シールアンケート2回目は大学門前で学生向けに行いました。

回答者は16人。約40分の宣伝にしては多めです。
20171012_a.jpg
①投票には?
行く 9人、行かない 7人 
②政治に対して不安に思うことは?
北朝鮮問題 5人、学費・奨学金4人、働き方・就職3人、消費税増税 1人、改憲・安保法制 1人、その他 1人(教育・子育て)、特にない1人

「投票に行くかどうか」は「行く」が「行かない」を上回りました。「行かない」の中には期日前投票・不在者投票の制度を知らずに「投票日は用事があるから」「(県外出身で山口県に)住民票を移してないから」という人が半分くらいいました。制度の説明をしても「手続きが面倒臭い」「そこまでして投票したくない」という人はいました。逆に「行く」と答えた人の中には「期日前投票に行くつもり」「不在者投票する」という人も。昨年の参院選のときよりは制度の周知が進んでいる気はしました。

ある学生4人グループは最初の子が「えー、行かないかな」とシールを貼ると残りの3人は「俺は行くよ」「私も」と言っていて「え、そうなの!?」と驚いていました。日常的には投票に行くかどうかは話題にはならないのでしょうかね。

「政治に対して不安に思うこと」は「身近なとろこで」ということで「学費・奨学金」「働き方、就職」に票が集まったほか、「自分じゃどうにもできないことだと思うから政治で何とかしてほしい」など「北朝鮮問題」が最多得票でした。

「消費税増税」にシールを貼った学生は、増税に自分は賛成だけど周りはそうではないようで「どうやったら納得してくれるのかわからなくて…」と悩んでいる様子でした。民青は消費税増税は中止した方がいいという立場なので考え方は違うのですが、違う意見を出し合って学習・交流しながら自分の考えを深められるのも民青の活動の魅力の一つなので、もうちょっと詳しく話を聞きたかったのですが、交差点の信号待ち時間での対話のため、信号が青に変わってタイムオーバーとなりました。でも、こういう政治的意見はそもそも話題にしない風潮が一般的にはあるので、「相手を説得したい」という人に会えたのは新鮮でした。

「憲法がどうなるか心配」と「改憲、安保法制」にシールを貼った学生は、投票も「行く」にシールを貼っていたので、憲法を守る立場で一貫している日本共産党を薦めたいなと思って「投票先はもう決まっていますか?」と聞いてみると、「日本共産党」という答えでした!すでに自分でネット等でいろいろ調べて日本共産党がいいなと思っていたようです。選挙中何回か青年向け宣伝をしていますが、相手がこちらと話す前から日本共産党に入れるつもりだったというのは何気に初めてな気がします。

大学門前宣伝は結構ひさしぶりだったのですが、「信号の待ち時間」という制約の中での対話がやっぱり難しいですね。来週も同じ場所で宣伝を予定しているので、そのときはもう少し上手く時間を使って相手の思いを聞きつつ、こちらの思いも伝えられるようにしたいです。


書いた人:Y

コメント

Secret

プロフィール

 

Author: 
民青同盟山口県委員会

〒754-0002
山口県山口市小郡下郷373-1
Mail:ine-no-senritsu@live.jp
Twitter@ymgc_minsei1341

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR