みんしんタイム(2017年5月15日付)

こんにちは、民青新聞の紹介を任されました。Rです。5月15日つけのみんしんの記事紹介をさせてもらいます。今回はババーンと1面記事です。進め方としては、記事を忠実になぞる、というより、記事から思ったことを綴っていくというスタイルで今回は進めてみます。

先月の23日に、日本共産党の党首の志位さんによる『日本共産党綱領セミナー』が行われました。綱領ってなんだろう?という方にちょっと説明を加えると、綱領とはどういう団体か?ということを詳しくのべていく文章のことです。歴史とか目的などが書かれています。

今回のセミナーでは今の社会を綱領の視点からどうみるのか?という内容になります。みんしんの記事タイトルには『綱領を学び、社会を変革する力に』とあります。

「いま、日本が必要としている改革は民主主義革命である」とはじまったセミナー。なぜ民主主義なのか、日本は国民主権の国であるのに、それには日本を国民主権の国とはいいきれない、2つの勢力があります。綱領には「2つの大きなゆがみ」と書かれている箇所ですね。『アメリカ主権』ともいえる異常な対米従属国家が日本の姿でもあります。日本という国はこれまでアメリカの意のままに従ってきた歴史があります。米国の無法な戦争に一貫して賛成を貫き、外国に在る基地としては最多の人員を抱える米軍基地の無法を許しています。2つめは『財界主権』という歪みです。ルールなき資本主義のもと、当たり前の生活どころか命さえ脅かされる働かせ方がまかり通った日本という国。この日本で第一に考えるべき国民は大企業の意向になります。労働者の命よりも資本家の利益という構図があります。

民主主義革命はどう果たされるのか?多くの国民の中にこの革命を進めようという合意が不可欠です。綱領にも『すべての人びとを結集した統一戦線によって、実現される』とあるように、私たち1人1人の国民の意志が重要になります。この展望は今盛り上がりをみせる野党共闘のはるか以前に打ち出された方針です。『21世紀の遅くない時期』に『民主連合政府』をつくる、という大きな展望を叶える時が近づいているのかもしれませんね。

未来社会への展望として、志位さんは『資本主義が人類が到達した最後の社会、理想の社会だと考えますか?』と問いかけられました。Rの思いとしても、ここが最終到達点ではない、と個人的にも社会の未来に対しても思います。今、資本主義はたくさんの問題を作りだし放置しています。利潤のためにあらゆる物事を切り捨てていくのが資本主義社会の病理でもあります。私たち1人1人が人間として生きていくのに1番最適な社会であるか?と自問した時に生きづらさや苦しさを誰にも言えないまま心にたまっていることも多いです。ここで終わりだとしたら、いま社会の病理(貧困格差抑圧過度な競争、適応不能が悪とされる)に喘いでいる人たちも私自身も誰も幸せになれません。社会主義社会では『人間の自由な全面的な発展』というのが1番の特質です。自分らしい時間の使い方で自分の成長を促す潜在的才能を開花させる、それが全ての人の権利、これが社会主義社会の姿です。

日本も国際情勢も激動の時代にあります。そんななかで私たちが踏み出すのは、誰も行ったことのない未来になります。進むのが怖くても、私たちは1人ではありません。一緒に歩む、挑む仲間が民青があるんです。怖くなった時には科学的社会主義の数々の著作が自分達の変革を支えてくれます。私たちは絶対に1人ではない。一緒に進む人が確かにいます。手探りとしても暗闇ではない未来への模索を、1つずつ確かに達成していきたいですね♪

書いた人:R

コメント

Secret

プロフィール

 

Author: 
民青同盟山口県委員会

〒754-0002
山口県山口市小郡下郷373-1
Mail:ine-no-senritsu@live.jp
Twitter@ymgc_minsei1341

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR