街頭シールアンケート(安保法制)

先月に引き続き、12月も大学前宣伝を2回行いました。

1回目のテーマは「安保法制(戦争法)」

最初は“NO MORE 賃金泥棒”の第2弾をするつもりでしたが、
くしくも太平洋戦争の始まった12月8日に宣伝することになったので
やっぱり反戦・平和につながるテーマを!ということになりました。

本日は山口医労連から協力な助っ人に来ていただいて、
1時間ハンドマイクでのトークを担当してもらいました。
おかげで民青メンバーはシールアンケートでの対話に
専念することができました。

シールアンケートの結果はこんな感じになりました↓
20151208_a.jpg
①安保法制の内容についてどう思うか?…賛成3.5票、反対11.5票
②採決のやり方についてどう思うか?…強行15票、適切0票

15人の学生さんに回答してもらえました。
(このボードは使うの2回目なので、画像と数は違います)

安保法制(戦争法)をテーマにした学生向け宣伝は
7月上旬以降初めてだったので、どんな結果になるか
ドキドキしていましたが、半分以上の人が
安保法制については「あぁ、あれね!」と知っていて、
認知度は確実に上がっていると感じました。

反対の人からは「日本も戦争に巻き込まれそう」
「戦争しないのは日本の理念だから」、
賛成の人からは「テロ」や「領土問題」などへの
対応のため必要、という声が聞かれました。

でも、法律に賛成の人でも決め方には
みんな「強行」にシールが貼られました。
「もっと説明、周知する必要があった」
「ニュースで採決の瞬間を見たけど、
 もっと別のやり方はなかったのかな」
など、安倍政権のやり方に違和感を
抱いていた様子でした。

あんな決め方で法律を作ってしまえるなら、
国会での審議も国民の声も要らないことになって
しまいますからね。
ましてやほとんどの憲法学者が違憲と判断した法律。
立憲主義、民主主義の立場からも安保法制(戦争法)を
このままにしておくことはできないと思います。

自分が対話した中では、シールアンケートをお願いすると
すぐ「反対」と「強行」にシールを貼ってくれて、
安保法制(戦争法)廃止を求める署名にも
すんなり協力してくれた人がいて嬉しかったです。

それと、安保法制(戦争法)については知らなかったけど
内容を説明すると、時間をかけて悩んだ末に「反対」に
シールを貼ってくれた方が印象的でした。

コメント

Secret

プロフィール

 

Author: 
民青同盟山口県委員会

〒754-0002
山口県山口市小郡下郷373-1
Mail:ine-no-senritsu@live.jp
Twitter@ymgc_minsei1341

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR