Ring!Link!Zero 2015 in 広島

Ring!Link!Zero 2015 in 広島―今こそ、戦争やめろ 核兵器なくせ!の声を―
に参加して来ました。

20150804_a.jpg
会場に詰めかけた青年。(写真提供Nくん)

メインは被爆者からの聞き取りプロジェクト
被団協事務局長・田中熙巳さんから聞き役の青年が話を聞いていく形式。
RLZでは毎回被爆者の方のお話を聞く時間が設けられていますが、
いつもは語り部さんがまとまった時間話すという感じだったので、
この形式は初めて?

メモ。

被爆体験や当時の様子は?
・戦争は突然やってくるのではなく、小さなことの積み上げ。
・13歳(中1)のとき長崎で被爆。
・中3~5は工場で飛行機の部品を作っていた。
・沖縄の次は長崎(九州)にアメリカ軍が上陸してくるかもしれない
 →海岸線に堀(落とし穴)を掘る。そういうことも含めて戦争
 見えないと思っていたらとんでもないことになる。
・日本が絶対に勝てない状況でアメリカは広島と長崎に原爆投下。
 アメリカでは「戦争を終わらせるため」と教育→そうじゃない。
 原子爆弾がどう威力を発揮できるか、ウラニウム(広島に投下)と
 プルトニウム(長崎に投下)の違いを見る実験のため。
・自分の家で本を読んでいたら音もなく突然周りが真っ白くなる
 (原子爆弾が爆発したときの光)。ビックリして2階から降りて
 階段の下に伏せる。気を失う直後に爆風。
 なぜ気を失ったからは未だにわからない。
・爆心地から3.2kmだった。

証言を人前で話すようになったきっかけはありますか?
・当日は爆心地の状況がわからない。
 3日後に山向こうの爆心地に住んでいたおば達を見に行く。
・途中、いたるところに焼け焦げて真っ黒になった人の遺体、
 重傷で生きていても誰にも手当してもらえない光景を見る。
・おばといとこ真っ黒こげで死んでいた。もう一人のおばさんも大火傷。
 おじいさんも大火傷で3日後に死ぬ。そこにいなかったおじさんも
 怪我をしていないのに一週間後に死んだ。結局5人死んだ。
・3日経っているのに何百人もの人が死んで転がっている、
 大怪我の人が助けられていない
 →人間の世界には起こってはいけないこと
・自分はたいした被害を受けていないから…と思っていたが、
 自分の世代はほとんど生きていないことを知り、
 自分が体験したことを話さないといけない。
・喋らない理由①言葉で表現できない
 ②生き残ったことが亡くなった人に申し訳ない
 →話を聞くときには「申し訳ない」気持ちを
  解きほぐしてあげてほしい

「今の日本は戦前に重なる」という人も多いですが?
・生まれたときから戦争。昭和7年生まれ。6年から中国に攻め込む
 中国でやっていたから「勝てばいい」と思っている。
 子どもにもそういう教育。
・戦争、突然起こるものじゃない。
 戦争をしなくちゃいけないと思わせる。
 どうやって戦争が広く大きくなっていくか知らなくちゃいけない。
・戦争をしないという憲法を作ったのに、
 それがおかしいという人が増えてきている。
・戦争してもいい国にしようとしてる
 今がんばらないと、9条なくしてしまう。
・戦争することで儲ける人がいる。
 武器を使うために戦争。それに国民を使う。
・核兵器世界に1万6千発。米露が圧倒的
・なくさないのは、核で儲けている人がいるから。
 必要な理由として言われるのが「核抑止力」

このあとは「みんなで聞きプロ!」ということで、
会場の参加者を交えて質疑応答が行われました。

核兵器なくすためにアメリカからできることは?
・核兵器がどれだけ人道に反するか心から知るのが一番大事。
・アメリカでは被害の実相知られていない。

核抑止力お互いに相殺されるのでは?
・NPT再検討会議のとき、「安全のために核は必要である」と
 言うフランスの人に「では、一番安全なのはすべての国が
 核を持つことではないか」と言ったら何も言えなくなった。
・核抑止…強い者が弱い者を抑えつけているだけ。
 核を持っている側が作っている神話。

平和を望む子を育てるには?
・人を愛することを教えることと、
 相手を蹴落とすような競争をさせないこと。
・競争=人を愛することから遠ざける。

安倍首相は平和を語っているとは思えませんが?
・本当の平和を知らない。
 自分に何もなければ…としか考えられない
・安倍さんは抽象的な平和という言葉が大好き。
・今の日本も平和でない。若い人苦しんでいる。

20150804_b.jpg
■その後行われた一分間リレートークでは、
平和行進やNPT再検討会議に参加者をはじめとした
国内外の青年からの発言がありました。学生や高校生も!

「世界の同世代に対して恥ずかしくないような活動を」
との発言が一番グサッときました。

………………

冒頭で被爆者の方の平均年齢が80歳を超えたという話もありましたが、
戦争・被爆体験の継承の重要性がいよいよ増していますね。

今回一緒に参加した学生さんもこれまでは被爆体験を
語り部さんから直接聞く機会はなかったそうです。

今年は原水禁世界大会に向けてちゃんとしたとりくみが
できなかったので、来年はもっとたくさんの青年を
山口からも参加させられたらなぁと思います。

コメント

Secret

プロフィール

 

Author: 
民青同盟山口県委員会

〒754-0002
山口県山口市小郡下郷373-1
Mail:ine-no-senritsu@live.jp
Twitter@ymgc_minsei1341

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR