若者憲法集会①全体会

昨年に引き続き、若者憲法集会@東京に参加してきました。

20150614_a.jpg
参加者は1,300人
前回は最前列に陣取りましたが、今回の席はほぼ最後列でした。

開会あいさつはタナチューこと田中民青中央委員長。
タナチューファンとしては彼の登場だけでテンションがあがります。
メモ。
・一年前、小さな決意で始まった集会。
・若者の声がどんどん大きくなって、世代を超えた激励も。
・憲法…多くの命と人生を守ってきた。
・憲法の力を訴えていくとき、憲法が活きる未来を切り拓く。

シンポジウムはゲストおふたりが最初に発言。
20150614_b.jpg
▼1人目は元自衛隊員の井筒高雄さん
冒頭には「蛇の簡単皮剥ぎ講座♪」も!?

メモ。
・マラソン選手になりたくて、自衛隊体育学校へ。
・入隊時、「服務の宣誓」(自衛隊法施行規則第39条)
 我が国の平和と独立のために使命を自覚すること、
 憲法・法律を遵守すること
・専守防衛だけからPKO法成立で海外活動への道が開ける。

・自衛隊…原則的に依願退職認められない。
 上司が「指揮官としての能力が劣る」と判断・評価されるため。
・24時間常に職場の中で生活→ON・OFFの切り替えができない、難しい
 +体育会系の縦社会→上の命令に「NO」と言えない。

・レンジャー…陸上自衛隊で最も過酷な訓練。
 自分は「婦警にモテる」と上司に勧められて。
 GWから3ヶ月訓練。死亡事故もある
 →なりたがらないのが一般隊員の常識。
 5,100人(5%未満)しか資格を持ってない。
・レンジャー五訓
 ①飯は食うものと思うな
 ②道は歩くものと思うな
 ③夜は寝るものと思うな
 ④休みはあるものと思うな
 ⑤教官は神様と思え
・爆発物を自分で作ったり隠密処理(=暗殺)の訓練も。

・定年まで職務まっとうしようと思ったらPKO法成立。
・何がいけないか?
 憲法と法律遵守→「海外で戦争」という契約になっていない。
・停戦合意…トップ間での話 現場で守ってくれるかは、
 行ってみないとわからない。現場がすべて。
・実践で安倍さんの言う行動を取ったら、逃げる部隊は
 徹底的に叩かれ全滅する。温情はない。
 安倍さん…戦争を知らないのか、自衛隊は死んでもいい程度の認識なのか。
・9条と集団的自衛権両立できない。
 集団的自衛権…他国防衛。アメリカの下請けとして。
 フランス「アメリカと我々は友人だが、
 だめな時に忠告をするのは真の友人だ」
 
20150614_c.jpg
▼2人目は弁護士の伊藤和子さん
国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」事務局長。
イラク日本人人質事件で人質解放のための代理人も。

メモ。
・安保法制…9条と矛盾しているのは明白。
 多くの憲法学者が「意見」
・真っ先に動員されるのは若者、将来の世代。
・日本…中立、非軍事から殺戮の加害者へ。
 パートナー=アメリカ→戦争で人権侵害。

・ヒューマンライツ・ナウ…2006年発足。
 突き動かす思い…世界中の人権侵害根絶したい。
 最大の人権侵害=戦争に他ならない。
 平時では裁かれることも、戦争では正当化される。
 国連憲章では「武力行使してはいけない」→ルール守られず戦争。
 超大国による人権侵害は処罰されない。
 最も関与しているのがアメリカ。

・アメリカの戦争の特徴「テロとのたたかい」
・始まり…2001年9月11日アルカイダによるテロ。
 アルカイダの潜伏先がアフガニスタン。
 テロは犯罪→「警察法などで対応を」の声を押し切って戦争を始める。
・「自衛戦争だ」→多くの欧州国が集団的自衛権で加わる。
 世界中が支持していた。「アフガニスタンを平和に」
 「軍事も近代化できれいな戦争できるんだ」

・「きれない戦争」なんてあるんだろうか?
 →アフガニスタン国境難民キャンプに行く。
 空爆で家族全員を失い、声が出なくなった女性。
 何人もの人が「千人ほどの死体を見た」
 ⇒マスコミが伝えない真実。世界の不条理。
・報道と現実のあまりの落差。
 虫けらのように命が奪われていいのか?

・なぜ戦争が続くのか?
 →中毒…利権が絡む、お金になる。
・イラク戦争…大量破壊兵器があると言って
 先制的に「自衛戦争」→ただの誤った戦争。
・65万5千人のイラク人が死亡。
 疑わしい人間がいたら殺す。
 「疑わしきは被告人の利益」=近代平時のルール。
・現地人の被害感情はさらに高まり、
 多くの米兵が一生自分を責め続ける。
・白リン弾…身体が青くなる。ものすごく苦しんで死ぬ。
 罪のない子ども達が苦しむ。
 放射能物質…最も抵抗力の弱い子ども達、先天性障害。
 何の罪もない未来世代までもが被害に遭っている。

・2004年イラクで人質になった高遠菜穂子さんは
 ストリートチルドレンの支援をしていた。
・イラク戦争を日本は即座に支持、自衛隊を派兵。
 人質グループの要求は「自衛隊の撤退」→小泉内閣は即否定。
・釈放されたのはなぜか?→高遠さん自身が彼らを説得したから。
・武装勢力は「イラク戦争後の自分達の苦境、
 不正義な人権侵害が続く状況を世界の人に知ってほしい、
 なんとか変えてほしい」と人質を取った。
 高遠さんは「気持ちはわかるけれども、武力をとってしまったら
 敵(アメリカ政府)と変わらない。あなた達は平和的手段でもって
 この国をまともな国、正義が実現する平和な国に戻して
 いくことができるはずだ」と訴えた。
・当時はイラクの人が「そうだな、平和的方法で解決できる
 かもしれない」と思ったから釈放された。
 それは国際社会、日本に対する期待でもあった。
 しかし、私達はそれに全く応えてこなかった。
・2014年秋にもファルージャで病院が攻撃され子どもが虐殺。
 「助けて」悲鳴のような叫びに国際社会は応えてこなかった。
・イラクほど人権侵害が長く続き、それが
 国際社会に黙殺されてきた国は珍しい。

・ISを生んだのは大国の不正義と私達の無関心。
・武力によって平和をもたらすことはできない。
 70年前に勝ち得た9条が今こそ必要。
・無関心は罪。
・自分の物差しを持って、判断・行動できる人に。


若者トーク。青年司会者からの質問にゲストが答えて。
メモ。
Q.安保法制…「よくわかならい」「戦争は大げさ」と言う人もいますが、
 危険性はどこにありますか?
(井筒)
 ①時の政権の解釈による…危機意識に国民、自衛隊と温度差がある。
  日本の自衛隊と税金に賄わせて、アメリカは軍事費コストカット。
 ②現場で自衛隊が死んだときの扱い。
  帰還兵の問題についてもどう対応するか議論がない。
  アメリカではアフガン・イラク戦争で11万8千人がPTSD。
 国民の審判を受けたならまだ法治国家として認められるが、
 国民と乖離しているのは大きな問題。

Q.「9条は大切だけど、戦争・紛争に対して日本は何もしなくていいのか?」
 という声も。世界に対してどう行動していけばいいのか?
(伊藤)
 ・9条…ポテンシャル高い。平和外交できる。
 ・ノルウェー…仲介外交。オスロで話し合うと合意に
  なりやすいというジンクスも。地道な活動。
 ・日本が殺戮に加わる国になれば平和外交できなくなる。
 ・「他人の国平和にしよう」→おこがましい考え。
  その国のことを決めるのはその国の人達。
  信頼関係を醸成するお手伝いが大事。
 ・仲良くなることも一つの貢献。

Q.思いを持っていても踏み切れない青年へ一言
(井筒)
 ・誰もが自由に発言できる社会が本当の国益。
 ・来年の参院選で自民党、公明党以外に1票を。
(伊藤)
 ・ずっと思いを持ち続けて捨てないことが大事。
  本を読んで勉強したり、思いを育てながら、
  自分のペースで思いを表現できるようになれれば。
 ・ひとつの祐貴がつながっていけば雰囲気を変えていける。
 ・嫌がらせを受けることもあるが、
  思い切って言うと支援してくれる人もいる。
 ・自分の言葉で伝えていきましょう。

20150614_d.jpg
運動交流では、沖縄(米軍・辺野古新基地建設ストップ)、
福島(原発事故被災者支援・原発をなくす運動)、
首都圏青年ユニオン(ブラック企業をただす取り組み)
大阪(大阪「都構想」反対の運動)、広島(戦後・被爆70年)、
山梨(地元から声をあげる山梨若者デモ)の青年から報告がありました。

職場の時給を1分単位に切り替えさせたり、
若者デモに地元紙も取材にきて写真付きで掲載されり、
実際に行動に踏みだし社会を動かし始めている
青年の姿に励まされました。

………………

◆集会後のデモには昨年を大幅に上回る3500人が参加!
時間の関係等々で参加できなかったのすが、動画があがっておりますので
そちらをご覧いただければと思います↓

コメント

Secret

プロフィール

 

Author: 
民青同盟山口県委員会

〒754-0002
山口県山口市小郡下郷373-1
Mail:ine-no-senritsu@live.jp
Twitter@ymgc_minsei1341

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR